先日の家庭用ミシンが無かった期間に、ロックミシンでまつり押さえを試してみました。

というのも、ミシンを検討している時に行ったミシン屋さんで、娘の服を見てもらいまして。。
Tシャツだったんですが、袖の部分について「ここはまつり押さえは使ってないの?」と言われたので、気になって^^;

私は、アレンジやら色々な処理の仕方やらがまだまだ勉強不足なので、基本的に仕様書の通りに作っています。 
で、その時に着せていたTシャツは袖口が端ロック+2つ折でステッチ、だったんですが、「まつり押さえの方が端かがりと一緒にできるし、やってみたら?」 と勧められまして。

どうせミシンも無いから服は完成しないし、この期間に試してみよう!とやってみました^^
自分の覚えのための記録なので、まつり押さえなんて知ってるわ!という方はスルーしてくださいね;

image
 
 真ん中に「H」の文字があるものがまつり押さえです。

押さえの交換は簡単なので、さくっと交換。
今更ながら、押さえ上げレバーを降ろしただけでは押さえ金が上手くはまらない時は、押さえレバーを降ろしたまま、押さえホルダー上部のフックを押すとしっかり入ることを知りました。笑


image
 
いつもと違うのはここですね。

3本糸で縫うんですが、右針糸を上ルーパー糸のところへ通します。
なんかちょっとドキドキ。。
このまま糸調子皿まで同じところを通します。

image
 
糸調子皿部分を通した後は、いつも通りに針糸のルートで通します。

あとは、切換ダイヤルを「D」に、かがり幅ダイヤルを「5」に、送り目を「3~4」、差動は適度に設定します。

ちなみに、私は糸取物語waveを使っていますので、上記はこの機種のものになります。

 
とりあえず、ガイドの位置もそのままに縫ってみました。

image


こんな感じで、少しだけ端を切り落としながら縫ってみました。

image

まつり縫いをする裾はこのように「N」字にあらかじめ折って、アイロンをしておく必要があります。
この作業が結構面倒です^^;


image

こんな感じで縫えました!
ややゆるい感じ??

右針が折った布の山の部分ギリギリを縫っていくようにします。


image

開くと、こんな感じに縫えていました。
まぁまぁかな?
最初なので、縫い目がわかりやすいように赤生地に白糸で縫っています。

きちんとアイロンで押さえるとおさまりが良いように思います。
確かに、これなら端かがりも一緒にできて、ロックで縫うから縫い目がつっぱることもなくていいかも^^

でも、長い距離縫うにはN字にアイロンするのが面倒すぎる;;
縫い代1cmくらいのパターンが多いので、それに合わせるのも難しそうだなぁ。。
あと、針落ち位置に神経を使います。。 
要するに、仕上がりは綺麗だけど、ちょっと面倒かな?って印象です^^;


image
 
今度は白地に替えて縫ってみました!
なるほど、これは縫い目もほとんどわからない。
アイロンしたら、もっと目立たなくなるかな?
ミシン屋さんが勧めるのも納得。

色々な押さえが付いているけど、なかなか使ってみる機会もなくて、勿体ないことをしてるなぁと実感しました。
こうして洋裁に詳しい人に見てもらうと、色々アドバイスもらえていいなぁとあらためて思いました*^^*


公式使い方動画(ニット用裾まつり押えの使い方:まつりながら布端の始末)


公式使い方解説ページ




リバティのフライスニット。
特別なお出かけ着とか作る機会があれば、是非使いたいなぁ*><*





こちらのリバティは大人服向きかな?
こんな柄も素敵~**
 



ブログランキング・にほんブログ村へ