StichPlus+さんのフロッキーのデザインが好きで、ハンドメイドを始めた頃から使ってきました。

今年の年明けにはhappyhacoも購入したりして、大量に持っています^^;
でも転写した生地によって、その後の状態が違うので、 少し記録しておこうと思います。

どれも5回以上は着用し、洗濯したものです。
(洗濯は裏返して、ネットに入れて普通コースで回しています)


image

こちら、一番新しいサルエルパンツ
薄手のツイルストレッチ生地で、とても綺麗に転写できました。
その後もヒビ無く、綺麗な状態です♪

サルエルパンツのおしり部分に使っているので、それほど生地が伸び縮みすることが無いのも持ちに関係するかな??


image
 
こちら、2月頃に作ったサルエルパンツ
転写面が広いですが、綺麗な状態を保っています。
薄手のタンガリーで、こちらは伸縮はありません。
こうした薄手の布帛は転写もしやすく、持ちも良いように思います♪


image
 
こちら、冬に作ったサルエルパンツ
puririさんのモンスター柄のチノ生地で、ボトム向きの適度に厚みがあるしっかりした生地です。
一見、問題なく見えますが・・・


image
 
これは沢山ヒビ割れができてきています><
ただ、このヒビ、何度も着るうちにできたものではなく、結構2~3回の洗濯で出来てしまいました;
硬めの生地だと曲がった時の力でヒビができやすいかもしれません。。

このパンツは2回目くらいの洗濯の時に、裏返すのを忘れたので、そのせいもあるかな??
薄手の布帛が綺麗な状態なのに比べると、ヒビが入るのは早かったです。


image
 
モンスター柄のサルエルと同時期くらいにつくった、裏毛ニットのモンキーパンツへの転写です。
これは前パンツのウエストベルト下に転写しています。

伸縮性の高いニット生地への転写は薦められていないのですが、試しにやってみました。
綺麗に転写はできました。
パジャマにしているパンツなので、洗濯回数も一番多いです。


image
 
ニット生地だと、ヒビもほぼ目立ちませんが・・・
よーーーく見ると、ヒビは入っています^^;
着用している分にはわかりませんが、こうして折り目を付けると、割れているのがわかる程度です。


とりあえず主だって利用したのがこのくらいなので、もっと期間が経ってとか、色んな生地で、というわけにはいきませんが、 今のところの状況比較です。(これから生地の種類が増えたり、状況等々変化があれば追記していきます)

薄手で、やはり伸縮の無い生地が一番綺麗な状態を保てるかな、という印象です。
洋服のどの部分に転写するかも重要だと思います。

ヒビが入っちゃうと残念になるフロッキーですが、StichPlus+さんのものはデザインも格好良いものから、可愛いものまで揃っているので、とってもオススメです^^
転写も、注意書きの通りにすれば、綺麗に転写できますし♪
剥がす時が一番神経使いますけど;;

転写するだけで、ハンドメイド服を一段階上の仕上がりにしてくれるフロッキーです**
購入から一年以内に使用することが薦められているので、どんどん使っていこうと思います^^


関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ