里帰り中でハンドメイドができないこの間に、延び延びになっている長女関係の記録を書いておこうと思います^^;

まずは、すでに随分前に終了してしまったトイレトレーニング=トイトレの話。


kids_toilet_training_toitore

育児をされている方なら必ずぶつかるトイトレ。
我が家もいつ始めようか、2歳を過ぎた頃から色々考えていました。

結局、あまり小さなうちからオムツを外す気は無かったもので、「保育園に入園する前に外れてればOK」というくらいの目標で2歳半頃から始めてみることに。

(我が家は3歳になってから保育園に入園予定で、長女は9月生まれのため、「3歳半までには確実にトイレをマスター」という目標です)


まずはトイレに慣れさせることからスタート


最初は、2歳半を過ぎた頃にトイレという空間に慣れさせることから始めました。

その時に用意したのがこちら。


長女はアンパンマンと音楽が鳴るおもちゃのどちらも大好きだったので、この補助便座がぴったりだと思い、購入しました(^-^)
まずは、トイレ空間への抵抗を無くそうと思って。

これに関しては正解だったかなぁと思います。
アンパンマン目的で、トイレに行くことはスムーズにできるようになりました**
そして、この補助便座を使っての朝イチのトイレに関しては、最初から成功することも多かったです(^-^)

まずは、第一関門突破。


ただ、一つ誤算だったのは、トイトレを始めてしばらくたった時に、長女が遊びでウォシュレットを作動させてしまって><
水が出てきたのが怖くて、トラウマになってしまいました;;
それも2度続けてやってしまい、以降トイレに行くのを嫌がるようになってしまいました。。

その後しばらくは、『トイレ行こうか?』と声かけするものの、拒否!という日々が続きました。


次はシール大作戦


せっかく少し成功体験もあったのに、ここで止めてしまってはいけないと、次に用意したのが、シールです**

これは結構よく試される方法だと思いますが、この月齢の子達の好きなシールを用意して、トイレに成功したらシールを貼るというものです。

シールは100均等に沢山可愛いのが売っているので、長女に選ばせて購入しました♪
そして、我が家はカレンダー風の画用紙をトイレに貼って、成功した日にはシールを貼るようにしました。

すると、あれだけ拒否していたのに、『おトイレできたらシール貼っていいよ〜』と言うと、すんなりトイレに行ってくれるようになりました!

とりあえず一安心^^


ただ、この頃で2歳7ヶ月頃。
声かけすればトイレには行くけど、朝イチ以外は成功率もイマイチ。
とてもおむつ外れにはほど遠い状況でした;

そして、長女のトイトレがイマイチ進まないのと同時期に、私が次女を妊娠し、悪阻が始まってしまったため、私のトイトレへの意欲が落ちてしまいました><

トイトレは気長に、しかも親の意欲が大切だと思うので、これはちょっと反省です;
この頃から、ちょっとトイトレは一時休止…というか、気まぐれトイトレになってしまいました。
朝イチだけは一応続けて、後は気が向いた時にトイレに誘う程度でした。


その後、私は安定期に入ったものの、今度はお腹も大きくなってきて、次第に重い物を持つのもためらわれるような時期になってきて。。

でもそんな中、長女が3歳を迎えて。。もうさすがに3歳だし、下の子が生まれる前にトイレに行けるようにしなきゃ!と、ようやく私のエンジンがかかりました。笑 (この頃、保育園の面接があり、『入園までにはトイレに行けるようにしておいてください』と言われたのも大きかったです^^;)


一人でトイレに上れるように頑丈な踏み台を設置


そこで、用意したのがこちら。

踏み台の割にはお高いこちら。。
購入するのはかなり悩みました;

踏み台はかなり種類がありますし、安いものも沢山あります。
レビューなども沢山読んで、夫とも相談して、結果この高い踏み台を購入することにしました。

安くて同じような仕様の踏み台もありますが、購入した踏み台は木製で重く、安定感がありそうだったのが最終的な決め手となりました。
私が妊娠中で、長女を持ち上げてトイレに座らせるのが大変になってきたため、長女が自分で座れるようにしたかったので**

これなら簡単には傾いたりしないだろうし、娘が1人でトイレに行くようになっても安心かなと。
軽い踏み台だと、娘の体重のかけ方次第で傾いて転んだりするのが怖かったので;

この点に関しては、この踏み台を選んで正解でした!(^-^)
安定感バツグン!片側に体重をかけてもビクともしませんでした。

娘も一人で昇り降りできるようになり、自信につながったのか、また一つトイレへ行くことへのハードルが下がったように感じました^^


踏み台としては何度も言いますが、高い買い物です。
でも、この踏み台にして良かった!と今は夫婦揃って思っています♪
安心して使っていられます。
下の子もいることだし、長く使うことを考えれば満足です**

fumidai

しかもトイレで不要になったら、(付属のはめ板をはめることによって)普通の踏み台として利用できる2way仕様なのも嬉しいところです。

また、この踏み台を置いたままでも大人もトイレを使うことができるのも良かったです。
少々不便さは感じますが、慣れれば問題ありません。

私自身妊娠かなり後期になってからも、この踏み台を置いた状態でトイレを使用していましたが、なんとかなりました!笑


最後はお漏らし覚悟で普通のパンツ


そして、最後に用意したのがトレーニングパンツと普通のパンツです。
エンジンのかかったトイトレを進めるため、もうお漏らし覚悟で普通のパンツで生活させることに決めたのです^^;

これは我が家にとってはかなり勇気の要る決断でした;
というのも我が家は自営業で、私も夫も、その他家族も常に仕事をしている状況。
かつ、娘が普段遊んでいる部屋は畳。。

トイレ!と言ってもすぐに連れて行けるか、畳でお漏らししたら…等と考えると心配ごとはキリがありませんでしたが、これも娘のトイトレのため。
家族にお願いして、協力してもらうことにしました**
畳の部屋については洗えるカーペットを敷いて対策しました。

その結果、まぁ見事に毎日毎日、大も小もお漏らし。笑
『トイレに行く?』と聞くと、『行かない〜』。
お漏らしする度、『次はトイレに行こうね』『○○ちゃん(娘が大好きな姪っ子)もおトイレでしてるでしょ?』等と声かけしても、またお漏らし。

パンツについてはアリエル等、娘の好きなキャラクターのものを選ばせて、モチベーションのアップを図り、『アリエルのパンツ、濡れたら履けないんだよ』と言っても、やっぱりお漏らし;
とにかくお漏らししては、声かけし、洗濯し、という日々が1週間続きました。

たった1週間、されど1週間。
この時は、終わりがいつ来るかも分からないことなので、お漏らし生活を1週間続けただけでも結構イライラでした;


終わりは突然に


すると、1週間が過ぎた頃から突然、『おトイレ〜!』と娘が言うようになったんです!(◎_◎;)

これには家族でびっくり。
本当に突然。

ある日からトイレを言うようになり、その時から大小関わらずトイレでできるようになりました**
しかも、その日を境にほとんどお漏らしすら無くて;
あの洗濯洗濯の日々はなんだったんだろうと思うほどに、強制トイトレは1週間ほどで終わりました。

その後、お出かけ中や姪っ子ちゃん達と夢中で遊んでいる時等、何度かは失敗してしまうことがありましたが、おむつが外れたばかりの子としては十分許容範囲内で、数回の失敗で済んでいます(^-^)

そして夜のおねしょについては、娘の場合以前から寝ている間はしない子だったので、そのまま夜のおねしょもほとんど無い日々が続いています。
夜中でも『おしっこ〜』と起きてくるくらいなので;

こうして、3歳になった直後、長女のトイトレは終わりました(^-^)
2歳半からゆる〜く、本当にゆる〜く始めたトイトレはさほど効果があったようには思えないのですが、最後踏み台を購入し、普通のパンツをはかせて本格的に始めたトイトレについては1週間で完了しました。


illust-tubame1


トイトレについては子供のペースもありますし、親のモチベーションの維持も大変だし、でストレスに思うことも少なからずあると思います。
ただ、終わってみて思うのは、必ず終わりが来る!ということです。

トイトレ中は、一回くらい成功してよ!というイライラから、娘を怒ってしまって自己嫌悪…ということも度々で、本当に嫌になりましたが;
それでも娘の成長のおかげで、終わりを迎える日がきました。

子供の成長のペースと、トイトレのやり方と、試行錯誤する日々でしたが、トイトレが終了してほっとしています。
色んな方法があると思いますし、かかる期間も様々だと思いますが、やっぱり子供の成長と親のモチベーションに尽きるかなぁという印象です。

娘の成長記録としてのトイトレ記録なので、参考になるところがあるか分かりませんが、記事として書いてみました^^;
お漏らし必須のパンツ生活は、結構勇気が要る方法ですしね;
あくまでも我が家のトイトレ方法ですが、これも思い出の一つということで**



トイトレ開始時に購入したアンパンマンの2way補助便座。


娘一人で昇り降り出来る様にと購入した頑丈な踏み台。
ずっと使える2way仕様で、折り畳めるのも嬉しいところ。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Instagram