1ヶ月以上前のお出かけ記録ですが、滅多とないイベントへのお出かけなので、遅ればせながら書き留めておこうと思います^^

以前にも、ほんのちらっと書いたことがありますが、私は結構大相撲が好きで、場所中はNHKをよく見ています。その影響からか娘も大好きで、取り組みを「頑張れ頑張れ」と応援しています**


と、そんな我が家に朗報が!

10月に四日市で巡業がある!という情報を得て、もう妊娠9ヶ月近かったし、随分悩みましたが、最後の遠出のつもりで思い切ってお出かけしてきました♪


DSC08641


三重県では毎年4月に伊勢神宮では必ず巡業があります。

第61回 神宮奉納大相撲第61回 神宮奉納大相撲

ただ、土日なんですよね~^^;
我が家は仕事の都合上、土日のイベントはほぼ行けません。。

生で大相撲を見る機会としては名古屋場所があるけど、まだ小さな娘を連れて行く自信がなく;
だって、大相撲って時間も長いし、チケットもそこそこ高いので、行くからにはしっかり見たいしという気持ちがあって。。

2年以上前の名古屋場所の時に、人気力士遠藤を追っかけて、鈴鹿市の追手風部屋のお稽古を見に行ったことはあるのですが、それ以来の生の大相撲でした**

四日市開催は19年ぶりとのことで、とってもラッキーな機会に恵まれました♪


DSC08639

こういうの、お相撲だ~!って感じで、これを見ただけで興奮。笑

この日の巡業は1~2階席が完売状態で、開場付近はかなりの混雑具合でした;
朝8時頃から午後3時半まである長時間のイベントなので、皆さん思い思いの時間に訪れている様子でした。

我が家もさすがに8時には来られないので、午後の幕内取り組みがしっかり見られるよう、お昼前くらいに到着するように行きました。子連れだと、あまり長時間は子供がもたないので;

チケット代は少々勿体ないですが、良いところを見逃すことのない日程でお出かけしました。笑


DSC08644

こちらが開場の四日市体育館。

駐車場はそれほど多くなく、正直言って皆さん周辺のショッピングモールの駐車場などに止めている様子でした^^;

イベント自体が長時間なので、チケットさえ持っていれば開場への出入りは自由です。
なので、朝早くから楽しむ方も出たり入ったりしながら結構気楽に楽しめます**


BlogPaint

会場となっている体育館の外には、沢山のキッチンカーも♪

お祭りのような気分で、色んなB級グルメが楽しめます**
我が家もこちらで昼食を調達しました^^

これらのキッチンカーで購入した食品類も体育館の中へ持ち込んで食べることができます。
お弁当とセットになっているチケットを購入している方も多いですが、キッチンカーで調達するのも楽しくてお勧めです♪

着いたのがお昼前だったので、どのキッチンカーも結構混雑していました。

中で相撲の取り組みを見つつ、娘が飽きてきたら外へ連れ出し、こうしたグルメを楽しんだり。
体育館内にいれば、かなり近くをお相撲さんが通ったりもするので、娘は興奮気味に「大きいね~!」と喜んでいました^^


DSC08653

着いた頃は幕下トーナメントの真っ最中でしたが、間もなくトーナメントが終了し、巡業ならではの『相撲甚句』が始まりました。

五七調の囃子歌で、真ん中の力士がマイクを持って歌うのですが、皆さん歌が上手くて、おもしろく聞かせてもらいました♪

相撲甚句の後には、相撲のコントのような『初切』も行われました。
これがとてもおもしろくて、こうした相撲甚句や初切を見られるのは巡業ならではで楽しめます**

『初切』は相撲の禁じ手などを面白おかしく紹介する見世物です。
例えば土俵に上がる際に転んだり、本来一握り撒くだけの塩を両手いっぱいに持ってきたり、塩の箱ごと持ち出したり・・・などなど、時折ツッコミも入れながらやり取りするものなんです^^


BlogPaint

2階席からの眺めです。

土俵までは少し遠いですが、席が階段状になっているので、前の人の頭が邪魔になることなく見ることができます。

一方、一階席は座布団に座る形になるので、立ち座りが大変かな?
私は妊婦だったので、椅子席で良かったです**

また、周りにも沢山子連れの方がいて、途中お昼寝しちゃう子もいるくらいでした**
大人がメインのイベントかと心配していましたが、こうして周りにも沢山子供がいることで、娘も興味津々でいられますし、良かったです^^


初切の後は十両の取り組みがあり、その後幕内力士の土俵入りです**

DSC08663

幕内になると、テレビで見る機会も多いですし、普段相撲中継で見ている力士が続々と出てきます。

幕内力士の土俵入りが終わると、次は横綱の土俵入りです。
この日は白鵬はお休みで、横綱は日馬富士と鶴竜の二人でした。


DSC08666

巡業ならではの、赤ちゃんを連れての土俵入りもありました**
こちらは日馬富士。

土俵入りの後は、幕内力士による取り組みです。
と言っても、場所中の様な真剣勝負!というより、見せるお相撲といった感じです。

どの取り組みも、あっという間に終わるようなことはなく、お互い組み合って、色んな技を見せたり、持ち上げたり等など、お客さんを楽しませてくれます♪

場所中の様な激しい取り組みは見られませんが、その代わりあっけない取り組みもないので、どの力士の取り組みもじっくり見られるといった感じです^^


DSC08687

こちら、我が家が大好きな・・・といっても相撲好きなら誰もが知っている「遠藤」関です^^

やはりいつでも人気者。
歓声が一際大きく、そういった様子も感じられるのが生の良さですね**

横綱まで取り組みが終わった後は、場所中と同じく弓取式があり、巡業のイベント終了となります。
15時半ちょうどくらいに終わったので、朝8時から15時半まで、6時間半におよぶ長時間イベントでした。

我が家は昼頃から4時間くらい楽しみましたが、朝早くから行くと稽古を見られたり、握手会があったり、子供との稽古があったり、と一日楽しめるイベントです**

長丁場ですが、チケットさえ持っていれば出入り自由で気軽に楽しめますし、近くで巡業が行われる際は是非一度お出かけしてみてください♪^^


平成二十八年秋巡業 大相撲 豊橋場所 四日市場所|中京テレビ





ブログランキング・にほんブログ村へ


Instagram