凍てつくような寒さが続いていますね;

私の住んでいる地域は、それほど雪が降るわけではありませんが、それでも連日強風と寒さで外に出られずにいます><

もうすぐ次女の1ヶ月検診なんですが。。
この寒さの中、久々のお出かけかと思うとちょっと気持ちが萎えます^^;


これからの赤ちゃんとのお出掛け生活、便利だろうと産前に作っていたアイテムをまだ記録していなかったので、載せておきます**

産前に作る方、出産祝いに作る方が多い咲牛印さんのおむつポーチです♪


image
 ◆生地◆naniIRO
◆パターン◆おしりふきがさっと取り出せるおむつポーチ(Bitatto付き)の作り方| 咲牛印-カルトナージュとソーイングのレシピサイト


『咲牛印』『おむつポーチ』と検索すると出てきます(^-^)

このポーチはおむつだけでなく、おしり拭きも一緒に収納できる!というところが何よりのポイントだと思います。
これは便利。

しかも、おしり拭きを入れられるだけでなく、Bitattoまで付けられる仕様になっているので、おしり拭きが乾いてしまう…なんて心配も要りません!
パターンを見つけた時、本当に感激しました(^-^)

こういう仕様のおむつポーチも市販されていないわけではありませんが、数が少ないですし、気にいる柄というとさらに難しく;
作れるパターンがあると知って、これだけは産前に作ろうと決めていました。

そして、自分用が使う用のアイテム、生地はnaniIROで!というのもお決まりでした♪


image
 
使用した生地は、naniIROの中でも裏ラミネートの生地です。
この『らんまん』のデザインが好きだったので**

naniIROのラミネート生地はいくつか種類があります。

私はこの裏ラミネート(表はダブルガーゼ)と、ツヤなしラミネートの紅掛空色の生地を手に取ったことがありますが、この裏ラミネートの方がしっかりしていて、こうしたポーチに向いていると思いました。

普通のダブルガーゼのツヤなしラミネート生地は結構柔らかく、しっかりしたポーチ、とはならないかなぁという印象でした。

そして今回はラミネート生地ではありましたが、テフロン押さえを使うことなく、普通の押さえとファスナー押さえだけで問題なく縫うことができました。
ツヤなしラミネートですし、とっても縫いやすかったです♪

上の写真の手前側、ギャザーの寄っているポケットにおしり拭きが入ります。
新生児から使えるパッケージの大きめなおしり拭きの新品サイズでも大丈夫です◎ 

そして写真上部には2つに分けられたポケットがあります。
こちらも母乳パットを入れたり、ビニール袋や綿棒を入れておいたりと便利に使えると思います(^-^)


image
 
ファスナーはホワイトにゴールドのものを♪

ファスナー端にきちんと持ち手を付ける仕様なので、ファスナーの開閉もしやすいです。

取り掛かる時はパーツも多く、ちょっと面倒かな?と思ってしまうアイテムですが、出来上がると本当に便利で使いやすいポーチになっているので、工程の多さも納得です**
 
ファスナーについては、やはり慎重さが必要ですが、難しい工程はほとんど無く、順に縫っていけば出来上がる感じでした。

工程が多いのでちょっと引いてしまう人もいるかと思いますが、産前の方や赤ちゃんと生活されている方にはオススメのアイテムです(^-^)

ちなみに、私は実家でこのポーチを縫っていたので、まだ肝心のBitattoを付けられていません;
カシメを使ってつけるか、自分用なので強力なボンドで付けて完成としておくか、迷うところです^^;


image
 
こんな感じで、おむつ数枚と新品のおしり拭きは十分入ります♪

後は自分の入れたいアイテムによって枚数を変えたりと、しっかりしたポーチだけに便利に使えると思います。

ただ、ラミネート等、端処理の要らない生地で作る場合は端処理をしないので縫い代がそのままになる仕様です;

ラミネート等を使用しない場合は、縫い代をバイアステープで包むよう指示があるので、気になる方は包んだ方が綺麗な仕上がりになるかと思います。
私は自分で使用するものなので面倒で、縫い代はそのままにしています^^;

産前に作ったこのポーチ、実は陣痛が始まる数時間前に完成しました。笑
作っている時は、まさかこの後陣痛が始まるなんて思いもしなくて;
赤ちゃんも、自分用のアイテムが出来上がるのを待っていてくれたのかなぁ、なんて思いました(^-^)





定番のリボン柄ラミネートでも作ってみたい♪




ベビーアイテムにはシロクマ柄も可愛い❇︎❇︎ 



ブログランキング・にほんブログ村へ


Instagram