タイトル通りなのですが、30年以上前のお嫁入り布団の簡易カバーを作りました^^;
と言っても、もちろん私の嫁入り道具ではなく、お義母さんの物です。

今は嫁入り道具にお布団を用意しない方も多いそうですが、私の母世代は当然のように購入していて。
もちろんお義母さんもなのですが、そのお嫁入りの時の布団を現在は使っておらず、タンスの肥やしになっていて。。
勿体ないな~と思ったお義母さん、色々と使い道を調べて、簡易ソファーベッド?にしようと思ったそうです**

といっても、打ち直したりするわけではなく、単にカバーをお気に入りの物に替えて、普段出しておいて、畳んでソファー(背もたれ)代わりにしたり、孫達が昼寝したり遊んだりするマットにして使おうと思ったそうです^^


FullSizeRender

実は以前にもカバーを頼まれていて、2度目です。

今回はせっかくなので、naniIROの2018年の新作生地から選んでもらいました**

カバーといっても簡単なもので、表側と裏側の生地を縫い合わせて、片側の端をスナップどめにしているだけです;
大事なのはお気に入りの生地で作ることで、お気に入りの生地だと気分も上がるし、部屋の雰囲気も変わって良いそうです。


FullSizeRender

全体はこんな感じの柄です^^
実物は結構インパクトのある配色です。
サーモンピンクっぽい部分が発色が良く、目立ちます**


illust-aki08-4illust-aki08-4


このカバー、なぜハンドメイドで依頼されたかというと、そのサイズに理由があります。

30年以上前の布団だからか、今の布団サイズよりも小さめなのです。
このカバーサイズは、幅90㎝弱、長さ2m程度です。
今販売されているものに合わせると、ジュニアサイズの布団くらいのサイズです。

そのため、好みに合う色柄のカバーがなかなか見つからず、「作って~」と言われたというわけです^^

FullSizeRender

裏地はHARUさんで購入した西脇産先染めコットンです。
厚みはそれほどありませんが、しっかり感があり、表の柄の邪魔にならないカラーで使いやすかったです^^

布団として使うわけではないので、床などに擦れることを考えると、薄手でしっかりめの物が良くて。
ぴったりの生地を見つけた上、m300円というお買い得さ!
こうした布帛はHARUさんで探すと、コスパの良い物に出会える率高いです♪

このカバー、作りはシンプルなので裁断したらひたすら直線縫いなのですが(一部ロックも)、何より大変なのがその裁断;;
幅90㎝、長さ2mの布を2枚裁断して、縫い合わせるって結構な作業でした~~。
結構大きいカッティングマットを使っているのですが、それでも2mの長さは大変;

でも大変でしたが、子供って布団大好きだし、大好きな布団に向かって飛び込んだりして娘達も姪っ子甥っ子ちゃん達も遊んでいるそうなので、何よりです**
テレビ見ながら、ちょっとごろんとしたい時にも良さそうです^^

長く使っていなかったお布団も、捨てるのは忍びない・・・。
こうして日の目を見て良かったと、お義母さんに喜んでもらえて何よりでした***





使用したのはこちらの新作のブルーグリーン。
他のカラーも素敵です♡




新作の中ではこのプラネットがお気に入り♪
自分用に何か作りたいなぁ**



ブログランキング・にほんブログ村へ


Instagram